【うな亭 本店@堺市】無数の活鰻が熟練の業で焼かれていく様を眺め、そして食らうっ!

 

 

 

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

ようやく卒論を提出しちょっとブログを書こうかな〜と思ったたま男です。まだ諮問がのこっているので気は抜けませんが、、、卒論の題名は「静電場中での液体ジェットの安定性解析」です、どうでもいいですか笑

 

 

 

 

 

 

鰻の値段上がってますね〜!

ってことで鰻の記事をちょくちょく挟んでいこうと思います。
本日お店は「うな亭」さんです。堺市と河内長野市にお店を構えておられるうなぎ専門店です。ワタクシたま男はちょくちょくこのお店のテイクアウトをおうちで楽しんでますが、

たま男
今日は店舗で初めて食べたときの物語!たまごノートよりお送りさせていただきます。

それでは今日も元気に参りませう〜

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

2017年9月12日

この日はちょっと車の運転がしたかった。

 

 

 

 

 

 

 

そしてうなぎが食べたかった。

 

 

 

 

 

 

 

そんなときがこの日でした。

たま男は実家から通っているのですが、「車が運転できる」というのは嬉しいものです。

 

 

 

 

 

そんなこと思いながら 

まいどのことブイいいいいいいんとな

f:id:tamagoggo:20180115185250p:plain

 

 

 

 

 

ちょっと迷いながらも到着! 

「うな亭 本店」さんです!(お空が白いなー)

冒頭にも書かせていただきましたがテイクアウトは何回も利用しておりまして、ここの鰻が絶品なことはすでに知ってました。そしてようやく、、、、本店入店!

 

  

お店はカウンターのみの5席ほど。メニューはこんな感じ

たま男
ご飯が美味しいと知っていたので「うな重上(税込1900円)+大盛り(税込100円)」を注文した!

  

ここは卸もしているため、どんどん鰻さんが焼かれていきます。

 

お腹減ったな~なんて思いながら鰻の焼かれる匂いをたのしみまして、、、、

 

 

メインの登場です! 

たま男が一番好きなのはこのとき、オープン!

 お美しい。

 

関西風にしっかりと焼きの入った鰻です。それでは頂きます!

うまいいいいいい!

 

はいでました。このお店はご飯を炊く際にに予め味をつけられています。もっちりとした食感のお米のたき具合でタレの旨味をたっっっっぷり吸ってます。そしてタレをかけることによりお米の食感がなくなってしまう弱点を克服されておられます。

 

 

 鰻は関西ならではのかりっとした食感で、噛むとじゅんわりとジューシーな鰻の旨みとタレの旨味が口の中に広がります!

たま男
やはり鰻の焼き立てはたまりません。鰻の水分と脂分の分子の運動が激しさを増しており中がとろりとしてる。(ちょっと何をいっているのか、、、たま男)

  

最後は卓上のさんしょをぱらぱらと

鰻の香りに包まれながら食べる鰻。たまりません。

ごちそうさまです!

 

 

 

そしてたま男はまた車を運転し家へと帰りましたとさ。ちょっとよりみちしたけど。

 

 

 

 

 




 

 

 

 

ここのお店はご飯が美味しい。一度弁当を食べておりお米が美味しいと思っていたのですが店内で食べるものも同じとは驚きました。今回大盛りにしましたがそれでも少なかったのであまり大盛りの意味はなかったかな。そこだけ残念です。

どんどん焼かれているのでおそらく必ず焼きたてを食べることができると思います。注意すべきは鰻の香りで服が鰻の匂いをまとってしまわないか、、、いや帰ってその匂いでご飯が食べられるかもしれない笑

本日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

今回のお店:うな亭 本店

NO IMAGE
日本卵サンド協会会長たま男の生活
>日本中のたまごサンドを食べ尽くす!

日本中のたまごサンドを食べ尽くす!


日本卵サンド協会会長たま男は「日本中、いや世界中のたまごサンドを食べ尽くしたい」と考えてます。
ぜひ皆様の美味しい情報をお教えて下さい!!!

CTR IMG