【うなふじ@三重県】鰻と秘伝のタレのマリアージュ!噛んだ瞬間、ジュワ〜〜っと溢れ出る旨味を体感せよ!

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

近頃日差しが強すぎてサングラスを常備しているたま男です。

 

 

 

 

 

 

本日は土用の丑ですねっ!

関連記事

おはようございます、こんにちは、こんばんは! 昨日は時限ツイートで顔を晒すという意味不明のことをした日本卵サンド協会会長たま男です。           […]

ついこの間の7月20日にも土用の丑があったにも関わらず、2週間もしないうちにもう一度あるなんて。。。

絶滅危惧種うなぎさん、大丈夫ですか〜!?

そんな心配が頭をよぎりますが、本日の記事も鰻です!

それでは元気に参りましょう〜

 

 

 

 

 

 




 

 

皆さんは知っていますか?

 

 

 

 

 

 

三重県の津市周辺に

鰻のお店が沢山存在することを!

 

 

 

 

 

 

ある日。たま男は年に数回は名古屋に行くのですが、何回も行っていると行き方も変えたくなってきます。

 

 

 

 

 

 

普段は近鉄の特急で向かうのですが、、、

 

 

 

 

 

 

今回は普通電車で行き、

津市周辺の鰻屋に行く!

 

 

 

 

そんなわけで近鉄難波から特急ではなく普通の電車に乗りガッタンゴットン。

津新町で乗り換えて

ガッタンゴットン

「千里駅」で下車。

駅から少し歩くと目的地が見えてまいりました。

おっともう少し。

 

 

到着です。

「うなふじ支店」さんです。

正直「本店に行きたい」という思いもありましたが、立地を考慮して支店にしました。本店は開店前から行列必至だそうですが支店はまだましのようです。

開店11時で15分前くらいに到着するとすでに、、、

 

 

店の前は煙、煙、煙!

 

 

 

 

鰻の香りがお店の周りを包んでいます。鰻屋さんでこんなにまで煙ってるお店は初めてで少し衝撃を受けるたま男。

11時になり席に案内されます。

今回は

「うなぎ丼の上(税込1900円)」

を注文。

 

 

 

 

地元の人が多いようでお客様のメニューを決める速度?が早いです(笑)みなさんも行かれた際さっさと注文しましょう〜

オープン前にすでに焼きが始まっているようで5分ほどで整いました。

いきます!お~~~ぷん〜

ぴゃーーーーー

お美しい!

見ての通り。。。

 

 

パリ、カリ、ジュワ、ふわ

 この4つの擬音語を体現しておられます。

 

 

腹開きの関西風でしっかり焼かれています。表面はパリカリ、噛むとジュワ~っと鰻の脂の旨味とタレが口の中に広がります。(←これうなふじさんならでは!)

タレは結構甘めでたっぷり。ガッツリご飯と食べたい方には向いた味付けになってます。

 

 

そうです。

 

 

 

そうなのです。。。

 

ご飯大盛り必須です!

パクっパクと食べ進めるのですが味が濃い目なのでご飯が足りなくなります。絶対足らない。

最後の方は贅沢に鰻さんだけをパクっと食べ完食。ゴチです。

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

結構タレの主張が強いうなぎ丼でした。隣の常連さんがビールと一緒に頼んでいたのはそういうことだったのですね。確かにビールが欲しくなる。そして白米が欲しくなる。

鰻の量と質からすると価格は「破格」とも言えるレベルです。こんなお店が近くにあったらたま男は間違いなく通ってしまうことでしょう。千里駅というなかなか用事を見つけるには難しい場所にありますが、是非このお店を目的地として電車を降りてみてください。

本日も読んでいただきありがとうございました。

今回のお店:うなふじ支店

広告
日本卵サンド協会会長たま男の生活
>日本中のたまごサンドを食べ尽くす!

日本中のたまごサンドを食べ尽くす!


日本卵サンド協会会長たま男は「日本中、いや世界中のたまごサンドを食べ尽くしたい」と考えてます。
ぜひ皆様の美味しい情報をお教えて下さい!!!

CTR IMG