【究極の巻きチャーシュー】調理時間5日!!!大阪大学の院生が理系知識で?極厚チャーシュー!(男飯)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!たま男です!

 

 

 

 

 

 

 

ワタクシたま男は料理好きの変態大学院生です!

ほぼ毎日、朝5時に起きて筋トレをして学校に行くという世にも変態変人な生活を送っている次第であります。料理好きなのでこんなスイーツや

こんなハンバーガーなんかを作ったりするわけです。

今日から2日に渡ってお送りさせて頂く記事の内容は「究極のチャーシュー」と「究極の油そば」を食べたいと思い、勝手に作り勝手に食べるという、、、

究極のチャーシュー✕究極の油そば=???

の???の部分、式の解になっております。

それでは本日も元気に参りましょう〜

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

もうね、この日本卵サンド部会長たま男、、、

豚の脂身とろとろのチャーシューが食べたくて食べたくて

チャーシュー欲が大爆発を起こしてしまいました。

そんなわけでスーパーでお肉を買ってまいりまして、

いざ!究極の巻きチャーシューの調理開始!

一日目は土曜日でした。このようにタコ糸を使用して豚バラを巻いてる状態にして

翌日まで冷蔵庫でおやすみ〜

※ちなみに肉を巻くとき、内側に塩を揉み込んでおくことが大事です。形の保持に寄与します。

翌日っ!冷蔵庫から取り出し、

圧力鍋に水と生姜をいれ(ねぎなかった、、、)10分弱加圧っ

(たま男愛用のアサヒ軽金属の活力鍋)

この間に別の鍋にたま男秘伝の配合の調味料を加えまして

(たま男愛用のSTAUB)

下茹でが終わった豚さんを投入し2時間弱ことこと〜(茹でこぼしって大事)

ことことし終えたら翌日まで放置します!

 

 

 

 

そして翌日。(三日目の月曜日ですね〜)

鍋に浮いているラードをタッパーに取り除き(後々このラードが重要な役割を担います)、豚のエキスたっぷりのタレと共にビニール袋に入れて冷凍!

冷凍することにより柔らかくなるなどのいいことがたくさん起きます。

ってな感じで、木曜日まで放置しましたとさ!

(つまり食べたのは木曜日で5日目となります!ちょっと盛ってるかもしれませんが一応調理時間5日間かかってる、、、よね?)

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

これで今回のブログは終わりです。明日のブログはこのチャーシューを食べる記事となりますが、たま男のことですので単純に食べて終わりな訳ありません。

本日も読んでいただきありがとうございました。

【予告】

ふぁーーーーー

ふぇーーーーー

ふぉーーーーー

たま男
お楽しみに〜
広告
日本卵サンド協会会長たま男の生活
>日本中のたまごサンドを食べ尽くす!

日本中のたまごサンドを食べ尽くす!


日本卵サンド協会会長たま男は「日本中、いや世界中のたまごサンドを食べ尽くしたい」と考えてます。
ぜひ皆様の美味しい情報をお教えて下さい!!!

CTR IMG